スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

漫才師にとっての滑舌

近頃、三四郎の漫才ばかり見ています。
本当に面白いです。

そしてなぜ面白いか考えるたびに、小宮さんの滑舌だという結論になります。
加えて言えば、今までにない新しい面白さなのです。
じゃあなぜ新しいのかと考えました。


滑舌悪い芸人というくくりの人たちは様々なところにいます。
しかも、それをネタに組み込む芸人さんだって数多くいるのです。
でも実は小宮さんのようなタイプは初めてなんです。
滑舌が悪い人は総じて丁寧な言葉を選びます。
それは本人たちが滑舌の悪さを自覚していて、聞き手に気を使っているからです。

その中で、小宮さんの乱暴な言葉と滑舌の悪さの組み合わせが新鮮なのです。


前にも言いましたが、芸人は弱さを見せることで笑いやすい空間を作ります。
それが薄い頭であったりブサイクだったり太っていたりするわけです。
そのことは昔から分かっていたし散々使われてきた手法です。
しかし、それらは芸人にとっては「おいしい」要素であり武器になります。
そして、見る側もそれを分かっています。
つまり「見せかけだけの弱点」なわけです。

滑舌が悪い、という弱さはそこから一線を画しています。
喋るのを仕事としている芸人にとって本質的に支障をきたす「真の弱点」になります。
それを抱えながら言いたい放題に喋る彼は「滑稽」を実に端的に表現しています。


次々とお笑いが多様化する現代ではこういう原点に戻った笑いが一番強くなれると思います。

関連記事
18 : 50 : 36 | お笑い | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<キングオブコント2013 2回戦 大阪 8/10 観戦レポ | ホーム | オンバト+ 13/07/14>>
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://sugunomu.blog.fc2.com/tb.php/83-5126e7c5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

マルヒト

Author:マルヒト
お笑い好きってか芸人好き
モットーは脱力
頑張って力抜きます
ツイッター@maruhitoOI

最新記事

カテゴリ

お笑い (71)
芸人考察 (14)
小林賢太郎 (3)
オンバト+ (43)
未分類 (6)

タグ


検索フォーム

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。