スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

さらば青春の光を考える

今、僕が最も好きな芸人の一組。

このコンビの魅力といえば、最初から最後まで一つのルールのもとで進行するオートマティックなコント。
ある設定のもとで、二人の人間がその中でもがく様を描く。そして、その二人は決して、変な人ではない。
簡単にいえば、ほとんど”ボケ”ていないのである。
だからこそ、視聴者の共感を呼び、爆笑を生むことができる。
これがまさにコントの理想であり、いろんな方向の「面白い」を引き出せる手法だ。

この場合に、最も壁となるのは「笑いどころを伝えること」である。
ボケて突っ込んで、ということではないので、笑うポイントが伝わらなければ、客の笑いが”ざわざわ”で終わってしまう。
では、どうやって爆笑に持っていくのか。
彼らは、序盤に一言でプレゼンするという方法を使っている。
いくつか例を挙げてみる。

・取り調べ「アリバイこわー・・・」
・ぼったくりバー「ぼったくりやないかー!」
・居酒屋「最近、覚えたんすか?」
・休憩中のバイトと店長「当たらないっすねー・・・・・・」

これらのセリフは、それぞれのネタ中で最初にして最高潮の笑いを起こしている。
つまり、上記のセリフはコント全体の主旨を説明しつつ、爆笑をさらうことができるという二重の意味を持つ。
それだけに、この一言は絶対に外してはならない。
しかし、このコンビはいつもそのハードルを軽く越えてくる。
それは、二人の絶妙な間とワードセンスが生きてこそ成り立っている。

もっともっと二人のネタが見たい。
このコンビが認められていく様をリアルタイムで見たい。
多くの人にそういう思いを起こさせるコンビである。

彼らはいつか必ず大きな結果を残すと、僕は信じている。
関連記事
01 : 48 : 33 | 芸人考察 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<THE MANZAI 2012 開戦 | ホーム | モンスターエンジンを考える>>
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://sugunomu.blog.fc2.com/tb.php/7-2a623f9c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

マルヒト

Author:マルヒト
お笑い好きってか芸人好き
モットーは脱力
頑張って力抜きます
ツイッター@maruhitoOI

最新記事

カテゴリ

お笑い (71)
芸人考察 (14)
小林賢太郎 (3)
オンバト+ (43)
未分類 (6)

タグ


検索フォーム

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。