スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

モンスターエンジンを考える

彼らには「万能」という言葉が似合う。
漫才、コント、ピン芸など、すべてをそつなくこなし、そのどれもで貪欲に笑いを取りに行く。

その中でもはっきりとモンスターエンジン色がでるのは漫才だと思う。
引っ張る、繰り返す、重ねる。
とにかくねちっこい。
ネタの中に「西森洋一」の人間的魅力が色濃く反映されている。
そのしつこさは、ネタへの愛着からきているようにも見える。
ひとつひとつのボケにたっぷりと時間をとり、繰り返し別の言い方で表現する。
自分の考えたネタの面白さを客に届けるためにボキャブラリーを尽くす姿は親バカに通じるものがある。

一方、ツッコミの大林とはどういう人間なのか?
ツッコミという役割を文句無くこなす力があるのは確かだが、彼はそれにとどまらない。
西森が思い切り暴れるネタでは、彼はひたすらのっかり踊らされる役を演じる。
そして、そういう時には普段は見られない実に楽しそうな彼の姿が見られる。
つまり、彼はモンスターエンジンのツッコミでありながら、西森のファンでもあるのだ。
舞台上にいる彼は、おそらく客席の誰よりも西森のショーを楽しんでいるはずだ。

西森の人間性丸出しのボケとそれを誰よりも楽しめる大林のツッコミが揃うことでモンスターエンジンは完成する。
関連記事
02 : 15 : 41 | 芸人考察 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<さらば青春の光を考える | ホーム | オンバト+ 12/06/17>>
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://sugunomu.blog.fc2.com/tb.php/5-6f3b046c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

マルヒト

Author:マルヒト
お笑い好きってか芸人好き
モットーは脱力
頑張って力抜きます
ツイッター@maruhitoOI

最新記事

カテゴリ

お笑い (71)
芸人考察 (14)
小林賢太郎 (3)
オンバト+ (43)
未分類 (6)

タグ


検索フォーム

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。