スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

アルコ&ピースを考える

東京チックなコントを展開するアルコールとピースの二人組。


このコンビのコントはいたって優秀。
緩急のきいた展開と申し分ない演技力で実に優等生なネタを披露する。
特に押し引きの ”引き”が抜群にうまい。

しかし、僕が感じる二人の魅力はそこではない。
彼らの中で最も光るモノは本人たちの人間性である。

はっきり言ってしまえば ”胡散臭さ”だ。
二人は常に嘘をつき続けている。
それは、「事実と違うことを言う」という単純な意味での嘘にとどまらない。
自分たちのキャラに嘘をつき、セオリーに嘘をつく。
これは演じる人としてはとても大事なことであり、必要なこと。
裏切るというのが笑いをとるための基本なのだから当然と言えば当然だ。

それは副業の漫才において最も顕著になる。
漫才の暗黙のルール・掟を易々と破り笑いをとる。
メタ漫才自体は今では多くのコンビが行うが、この二人ほど似合うコンビはいない。
それは、彼らのもつ本来の個性に ”嘘つき”が含まれているからだ。

それに関してもう一つの重要な要素がある。
このコンビは常に客の上に立っているということだ。
二人の漫才を見ていると、からかわれているようなおちょくられているような、なんともむず痒い気分にさせられる。
それはやはり先述したような嘘つき体質が関係している。
要するに、就職面接にお面をつけて現れるような失礼さなのだ。
漫才と称した上で人をバカにしたような茶番を見せることで笑いをとっている。
近年、頭の悪さをひけらかし見下されることで笑いをとる天然芸人が多いなかで、この手法は実に心地よく観客に響く笑いを届けている。
上に立たれるのが気持ちいいと感じさせることができるコンビだ。


この先も決して底を見せることなく、一般大衆を翻弄する存在であってほしい。

関連記事
00 : 27 : 35 | 芸人考察 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<オンバト+ 12/11/04 | ホーム | 平成24年度NHK新人演芸大賞 演芸部門>>
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://sugunomu.blog.fc2.com/tb.php/44-44892065
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

マルヒト

Author:マルヒト
お笑い好きってか芸人好き
モットーは脱力
頑張って力抜きます
ツイッター@maruhitoOI

最新記事

カテゴリ

お笑い (71)
芸人考察 (14)
小林賢太郎 (3)
オンバト+ (43)
未分類 (6)

タグ


検索フォーム

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。