スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

エリートヤンキーを考える

吉本所属、希代のアドリブ漫才師。

彼らのネタには、特徴という特徴は無い。
いじられ役の高音ツッコミと飄々としたボケでオーソドックスな漫コンを繰り広げる。
しかし、一度ネタから脱線しようものなら二人の漫才は一気に輝きを増す。
西島がちょっかいをかけ、橘が振り回され、時にはのっかり、時間の半分以上をそれに費やすことすらある。
そして、これが驚くほど面白い。
橘の優れた反応速度とワードセンス、それを心底楽しんでいる西島の遊びがノればノるほど指数関数的に盛り上がる。
彼らはそういう自分たちの才能をしっかりと自覚したうえで漫才をしている。
自己分析ができるというのは、漫才師にはとても重要なことだ。

もちろん、これらの才能は一般的なバラエティ番組でも大きな武器となるはずだ。
相方以外にもこのレベルの掛け合いができれば、必ずそういう場でも輝ける。

二人の漫才は生きている。
近年、賞レースが増えて、ネタに作品性と堅さが求められている中で彼らの漫才は、本来の演芸の役割を思い出させてくれる。
客を楽しませるのが第一というのは、当たり前なだけに見落としがちだ。
お客さんが笑ってくれるのなら、ネタをぶち壊すこともいとわない。
それくらいの気持ちでなければならない。


自分の頭が固くなってきたと感じているお笑いファンには、この二人を是非オススメしたい。
お笑いを純粋に楽しんでいた頃の自分をきっと思い出せるだろう。
関連記事
13 : 53 : 00 | 芸人考察 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<囲碁将棋を考える | ホーム | 「面白い」芸人>>
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://sugunomu.blog.fc2.com/tb.php/16-e917943b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

マルヒト

Author:マルヒト
お笑い好きってか芸人好き
モットーは脱力
頑張って力抜きます
ツイッター@maruhitoOI

最新記事

カテゴリ

お笑い (71)
芸人考察 (14)
小林賢太郎 (3)
オンバト+ (43)
未分類 (6)

タグ


検索フォーム

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。