スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

漫才のツッコミにおける感情の使い方

ツッコミという役の基本的な立場は、聞き手であり観客の代弁者です。
ボケの異常性を浮かび上がらせつつ客に笑うタイミングを与えるのが主な仕事になります。
ボケよりはるかに明確で自由度の低いこの役割において個性を出すために一番手っ取り早いのが、感情の乗せ方の工夫です。
ボケに対して怒る、呆れる、戸惑うなどのリアクションをツッコミのフレーズや温度に反映させることで、緩急をつけたり次の展開を引き出したりすることができます。

その中でも、最もメジャーかつ強い力を持つのが怒りです。
漫才に迫力やスピード、アドリブ感を容易にもたらし、声の音量でピークを導入することも自在にできます。
これ以上に便利なツールは他にありません。
同時にこの手法は昔から非常に多くの漫才師が用いてきたために、今ではほぼ100点満点のものができあがってしまいました。
漫才という演芸は、怒りから卒業せねばならない時期にきているのです。


そして、次なるツールとしてふさわしいものは戸惑いであると僕は考えています。
これを用いている現役漫才師の代表格は、スリムクラブとさらば青春の光だと思います。
双方がコント師であることからも分かるように、もともと漫才には向いていない感情表現です。
ボケ一つ一つにツッコミがいちいち戸惑っていてはテンポが悪くなり手数を封じられる上に、演技幅が狭くピークを作りにくいという大きな弱点もあります。
この二組はそれらを別々の手法で克服しています。

まず、スリムクラブは大前提としてテンポをすべて捨てることから始まります。
それを逆手にとって、ボケツッコミではなく狂人と常識人という役割をリアルに演じて間を生かすというテクニックを用いているのです。
そして、緩急はボケの質のみで上手くコントロールしています。
さらば青春の光はボケ自体が非常に奇特であることがポイントです。
なんとつっこんでいいか分からない絶妙にぶっとんだボケに対して、ツッコミが絶句せざるを得ない状況を作り出します。
そこからはツッコミではなく相づちやリアクションのみで戸惑いを表現することでテンポの良さを出し、しばらく同じボケを重ねてからツッコミを爆発させることでピークを演出しています。

これらはコントから輸入されたものであり、非常に特殊で高度な台本の上に成り立っています。
また、内間さんや森田さんのような戸惑いの天才がいてこそ実現する漫才でもあります。


以上のような高い難易度をクリアできる漫才師は、おそらくわずかしかいないでしょう。
しかし、彼らが作るような他と一線を画す漫才は革命を起こす可能性を秘めているはずです。
この種の天才が天下をとる日はいつか必ずやってくると僕は思います。

関連記事
03 : 31 : 40 | お笑い | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<更新停止のお知らせ | ホーム | 漫才の普遍性と深み>>
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://sugunomu.blog.fc2.com/tb.php/137-1ea561fd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

マルヒト

Author:マルヒト
お笑い好きってか芸人好き
モットーは脱力
頑張って力抜きます
ツイッター@maruhitoOI

最新記事

カテゴリ

お笑い (71)
芸人考察 (14)
小林賢太郎 (3)
オンバト+ (43)
未分類 (6)

タグ


検索フォーム

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。