スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

キングオブコント2014 決勝戦 感想

シソンヌおめでとう!!

今年は予選を観に行けなくて、だったらもう前情報ゼロにできるだけ近づけようという構えでした。
そのせいもあってか、すごく楽しく見ることができました。


シソンヌ 「ラーメン屋」

フリが少し長めなのがバッチリ効いてました。
一番手にとって恐ろしく厄介なガチガチに固められた観客のガードをよくほどいた。
演技力で引きこんでからの仕掛けの提示が見事です。
あと、演劇型の強みである正当性が一騎打ちシステムに向いていることにも気付かされました。
同じタイプのコントでこれに勝つのはかなり難しいはず。


巨匠 「おじさん」

「持ち味を出すこと」以上に「持ち味しか出さない」ところが好きです。
コントに浸かれるというかなんというか。
敗因は、冗長な部分が少し目立ったことと説明に終始してしまったことでしょうか。
展開が少ないのは、そういうコントだと言われればそれまでですが。


ラバーガール 「子供服売り場」

ここはもう生のボケ一つ一つで客と勝負する形式。
客もそれを分かっているので力が抜けていい感じに正しいウケがきてましたね。
ホームラン一本、ヒット六本くらいでしょうか。


リンゴスター 「スパイ」

とても純粋でさわやか。
減点するとしたらオリジナリティーの部分か。
正しいことを突き詰めすぎておかしくなっていくという展開、叫ぶツッコミ、ボケの異常性の低さ。
この辺を見ていると、どうしても他の人たちのネタが頭をよぎる感じがありました。


バンビーノ 「ダンシングフィッソン族」

あーおもしろ!
演芸のおもしろさでなく、くすぐられて出る笑いに近い。
毎日笑っていた小学生時代を誰でも思いだせるいいコントです。
笑いってやっぱり原点に近いに越したことはないですよね。


さらば青春の光 「下ネタ」

いわゆる「下ネタ」ではなく「下ネタを題材にした人間性いじりのネタ」。
最後まで「アイドルか!」と言わないのがさらばらしい。
それが正しいかどうかは別にして。
さらばのコントって掘り下げるたびに仕掛けがどんどん浮き彫りになるのが肝なのですが、このネタにはそれが感じられなかったです。


ラブレターズ 「病気の子供と野球選手」

四分間にすき間が多いような。
現実的なコントは重厚感と充実感が必要で、そこの期待に応えることができなかった感じかと。
ワードの力はよく出ていたと思います。


犬の心 「手品」

すごく不思議な笑い。
なんで「リバーシブル」で自分がこんなに思い切り笑っているのか。
そこからはもう完全にニヤニヤで見てしまうもんだから、後半の超展開は無条件で楽しめました。
なんだろう、こんなの初めてだ。


チョコレートプラネット 「ポテチ」

あるあるをありえない設定で見せるのは珍しくない。
ただ、こんなにナチュラルで味付けなしのものはあまり見たことがないですね。
ツッコミ不在は勇気いりますけど、いい感じにはまってました。


アキナ 「ボール」

すごい!面白い!
今年のマイベストです。
最低限の言葉数と誇張なしの演技で客を二度三度と裏切って、これ以上ないというくらいきれいな展開。
展開の妙としては最上級の流れでした。
負けていたのはウケ量だけ。
なんでこんなにウケが悪かったのか。
こんなクオリティのコントそうそう見られないですよ。


チョコレートプラネット 「カラオケ」

ナチュラルな一本目からガラッと変えたのが良かった。
異常性がだんだんと増して上がっていきながらも小ボケを挟んでいくわりと一般的な形。
ここまでなかった様式を見せたのがプラスになったと思います。


バンビーノ 「ハグゲッター」

去年の二回戦で見たネタ。
そのときはトップ5に入るくらいのウケでした。
一本目の次に見せられたら「この後なにかあるんでしょ?」って思ってしまうのが一番の問題点か。
こっちのほうがよりバンビーノの本質がよく出てるのですが。
演出の差で舞台映えするかしないかがキッパリ分かれてしまったようにも見えました。


犬の心 「妹」

京都アニメーションって言っちゃったよ。
「さあ、こい!」って待ってたら、最後まで来なかった感じでした。
あのホームの空気なら、ある程度は思いきった勝負しても大丈夫だったはず。


ラバーガール 「美容院」

ぐああー痛恨。
終わったあとにどうこう言ってもしょうがないのは分かっています。
分かってはいるけど。。。
寿司屋も動物園も家庭教師も捨ててこのネタで来るとは。
芸人へのネタバレ感も強かったはず。
そうかあ、まあ仕方ないか。


シソンヌ 「タクシー」

理屈抜きのバカコント。
他と一線を画したという強みがありました。
現場ウケでの優勝はすっきりできていいですね。



今年はとにかく収穫が多かった。
感じたことのない気持ちや経験したことのない自分の笑い方がたくさん引き出されてすごい満足感を得られました。

また一年も待てる気がしない。

関連記事
01 : 42 : 24 | お笑い | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<THE MANZAI 2014 本戦サーキット 京都ラウンド 観戦レポ | ホーム | お笑いの技術とナチュラル感>>
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://sugunomu.blog.fc2.com/tb.php/131-995d7ead
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

マルヒト

Author:マルヒト
お笑い好きってか芸人好き
モットーは脱力
頑張って力抜きます
ツイッター@maruhitoOI

最新記事

カテゴリ

お笑い (71)
芸人考察 (14)
小林賢太郎 (3)
オンバト+ (43)
未分類 (6)

タグ


検索フォーム

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。