スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

ハリガネロック解散

ショックです、ホントに。
まだ全く受け入れられないし信じたくもないです。

二人の漫才は主にオンエアバトルで見ていました。
印象としては素直でド直球なネタ。
テレビカメラとか業界人、先輩や師匠ではなく目の前の観客に正面突破を仕掛ける姿はすごくかっこよかったしロックでした。
変化球も特別な仕掛けも使わずにゴリゴリと笑いをとることに関しては随一だと思います。
テクニカルな漫才が流行りだしてから置いてけぼりを食らった感はありましたが、今でも尊敬できる正当派漫才師です。

2000年前後には客ウケにおいては最高の状態に仕上がって、いつも客を湧かせていた記憶があります。
それを実現していたのは、身近な題材やボケだと思います。
ナチュラルで無理のない進行と共感度の高い毒がかなり高いレベルにありました。
そういうある種落語的な漫才は今ではとても希少で、これから増えることもないでしょう。
寂しい限りです。

加えて、ハリガネロックのかっこよさは子供にすごく響くかっこよさです。
ぼやきや愚痴は大人には好印象ではありませんが、子供にとって言いたいことを素直に喋りまくる大人はかっこよく見えるものです。
そういう憧れを抱かせる漫才師はホントに少なくなりました。
そこも彼らが担っていた部分だと思います。


解散という結末は悲しい以上に悔しいです。
ハリガネロックがここで終わってしまうことが。

なんとかならないのでしょうか。


解散だけはダメですよ。

関連記事
21 : 04 : 27 | お笑い | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<オンバト+ 14/03/02 | ホーム | 漫才におけるアドリブ感>>
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://sugunomu.blog.fc2.com/tb.php/112-546cdf4f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

マルヒト

Author:マルヒト
お笑い好きってか芸人好き
モットーは脱力
頑張って力抜きます
ツイッター@maruhitoOI

最新記事

カテゴリ

お笑い (71)
芸人考察 (14)
小林賢太郎 (3)
オンバト+ (43)
未分類 (6)

タグ


検索フォーム

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。