スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

THE MANZAI 2014 本戦サーキット 京都ラウンド 観戦レポ

祇園花月に行ってきました。

豪華なメンバーに気持ちが高ぶっていたうえに、司会にあべこうじさんが出てきたものだからさらにテンションが二割増しに。


武者武者 「寿司屋」

ゼロ番手。
掛け合いがぎこちないんだけど、それによって愛嬌が前面に出てる。
キャラクターに合った不思議で非凡なボケがちゃんとハマってました。
客席の温かさによくマッチしてたと思います。


湘南デストラーデ 「焼き芋屋」

彼らの代名詞的コントをほぼそのままに。
お客さんも知ってるだけに安心して笑っている感じでした。
二人も飽きるほどやってるから間もテンポも間違えようがないでしょうし、序盤で温める存在としてありがたかったですね。


コマンダンテ 「天使と悪魔」

構成とウケの合致がほぼ完璧。
ボケの質がぐっと上がると、ホントにその分だけウケが増加する。
たたみかけるところ全てに客席が反応してピークもバッチリでした。


浜口浜村 「人殺しはダメ」

ひたすら大振りみたいなネタなんだけど、単発小笑いが最後まで続いてしまった。
そのウケも天然モノではなかったと思います。
「これは笑いどころだから笑わなきゃ」みたいな感じでした。


トータルテンボス 「天使と悪魔」

「天使と悪魔が…」でまずドカンとウケる。
そのあと設定をひねったところから、内容は全く違っててくれと願っていたのですが。。。
途中まで勢いよくいけたものの、最も主要な展開も丸被りという悲劇的なことに。
そこからは見ている側もついてこず、なすすべなし。
ネタは良かっただけに悔しいところ。


博多・華丸大吉 「飲み会の抜け出し方」

まずはホークスネタで一ツカミ。
本筋ではおじさんジョークで押していく展開。
今日のエネルギーあふれる演者の中では埋もれぎみでした。
ちょっと大人しすぎたか。


チーモンチョーチュウ 「絵本」

ほぼノンストップで笑わせるので、ネタの密度と満足感がすごい。
ウケもほぼ完璧。
ただ客の一歩先を行く先進性に欠けていた印象。


S×L 「プロポーズ」

いつもどおりのS×Lでした。
客席の反応も狙い通り。
もう少しでいいから改良してきて欲しかった。


アキナ 「野球部」

とにかくウケていた。
漫才としてはベタだしボケのパターンも多くはないけど、裏切り方が絶妙。
テクニックが少ない分、すごく素直な笑いがきていました。
パンクブーブーのような一段上の力を感じた。


さらば青春の光 「能」

ここも完全に構成に沿った100%のウケ方。
能というワードが決まりさえすればほぼ勝ちという、いかにもさらばっぽいネタです。
森田さんは「戸惑い」がうますぎる。


藤崎マーケット 「腹立つやつ」

この日基準で言えば、四本くらい空振っていた。
個人的には、このシチュエーションだと強めのあるあるネタを期待してしまうのです。
藤崎だから余計に。
そこにハードルを設定したために、普通のボケが見劣りしてしまいました。
他の人がどう見ていたかは分かりませんが。


ロングコートダディ 「山」

クツクツと笑う感じで新鮮。
ネタ自体は割と平凡なんだけど、崩し方が非常に心地いい。
独特の間も最後までしっかりキープしてました。


クロスバー直撃 「ラーメン屋」

ここも台本はベタ。
ボケのキャラクターの乗り方が上級でした。
爽快にウケていたと思います。


ムニムニヤエバ 「来世」

中盤の一つのくだりがこの日のトップ3に入るぐらいの爆発。
そこを一回だけ被せたのですが、その二つ以外は平均的。
この日の客は、そういうところは冷静だったと感じました。


吉田たち 「弔辞」

ボケに対する双子の利用の仕方が少し控えめ。
そこに対する意見は分かれるところだと思いますが、双子ネタ以外もしっかりウケていた。
もうちょっとツッコミの温度を上げてもいいはずだけど。


学天即 「どうでもいいこと言うやつ」

貫禄の全ウケかつ拍手笑いの連続。
ツッコミの説得力と先導力が知名度とともにメキメキと大きくなっていく。
いよいよ超能力の域に達してきました。


見取り図 「金貸して」

構図はシンプルですが、挟まれる遊びの部分がすごくいいです。
奥田さんの超優等生ツッコミとは真逆に位置する盛山さんのやさぐれ感がたまらない。
切れ味が素晴らしくて、良く刺さる。
本筋のウケはイマイチでしたが。


霜降り明星 「体育祭」

なんだかすごく面白くなってた。
正当ボケに混ざった説明ありきのぶっ飛んだボケが素晴らしい。
センスはそのままですが、その割合がかなり正解に近付いています。
このコンビは化けるかもしれない。


和牛 「彼女の手料理」

ここもほぼ百点のウケ方。
やってることはワンパターンなのですが、客が完全にそれを待っていたのでかみ合っていました。
この型をぜひ極めて欲しい。


ダイアン 「職務質問」

西澤さんのセンス押し。
狂気ターンがきっちりウケていたのが大きかった。
いつもこうなるのが理想なんだけど、どうしても人を選ぶのでしょうね。


ザ・ぼんち 「メッシ」

メッシの話はほとんどしていません。
しかし、これ以外にタイトルが思いつかないのでご了承ください。
いつもの師匠でした。



結果発表

終わった時点の印象としては、ウケ順に学天即、アキナ、和牛という感じでした。
さらばとコマンダンテも良かったけど、上三組が凄すぎたので。

正直、このときはダイアンのことをあまり考えていませんでした。
二位と発表されてから、あーなるほどという。
審査員ウケがいいというのはすごく納得ですね。
ただ、やっぱりウケで言えばこの日の六番目くらいだったと思います。
もちろん僕の席での勝手な印象ですが。

学天即の一位は議論の余地がはっきりとないです。


この日はとにかく満点が多くて、すごく楽しかったんです。
ただ、審査員は本当につらかっただろうなと。
こういうときこそウケに頼らないことが審査には重要で、難しい仕事だと改めて感じました。

いやそれにしても凄い戦いだった……。

スポンサーサイト
18 : 00 : 02 | お笑い | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

キングオブコント2014 決勝戦 感想

シソンヌおめでとう!!

今年は予選を観に行けなくて、だったらもう前情報ゼロにできるだけ近づけようという構えでした。
そのせいもあってか、すごく楽しく見ることができました。


シソンヌ 「ラーメン屋」

フリが少し長めなのがバッチリ効いてました。
一番手にとって恐ろしく厄介なガチガチに固められた観客のガードをよくほどいた。
演技力で引きこんでからの仕掛けの提示が見事です。
あと、演劇型の強みである正当性が一騎打ちシステムに向いていることにも気付かされました。
同じタイプのコントでこれに勝つのはかなり難しいはず。


巨匠 「おじさん」

「持ち味を出すこと」以上に「持ち味しか出さない」ところが好きです。
コントに浸かれるというかなんというか。
敗因は、冗長な部分が少し目立ったことと説明に終始してしまったことでしょうか。
展開が少ないのは、そういうコントだと言われればそれまでですが。


ラバーガール 「子供服売り場」

ここはもう生のボケ一つ一つで客と勝負する形式。
客もそれを分かっているので力が抜けていい感じに正しいウケがきてましたね。
ホームラン一本、ヒット六本くらいでしょうか。


リンゴスター 「スパイ」

とても純粋でさわやか。
減点するとしたらオリジナリティーの部分か。
正しいことを突き詰めすぎておかしくなっていくという展開、叫ぶツッコミ、ボケの異常性の低さ。
この辺を見ていると、どうしても他の人たちのネタが頭をよぎる感じがありました。


バンビーノ 「ダンシングフィッソン族」

あーおもしろ!
演芸のおもしろさでなく、くすぐられて出る笑いに近い。
毎日笑っていた小学生時代を誰でも思いだせるいいコントです。
笑いってやっぱり原点に近いに越したことはないですよね。


さらば青春の光 「下ネタ」

いわゆる「下ネタ」ではなく「下ネタを題材にした人間性いじりのネタ」。
最後まで「アイドルか!」と言わないのがさらばらしい。
それが正しいかどうかは別にして。
さらばのコントって掘り下げるたびに仕掛けがどんどん浮き彫りになるのが肝なのですが、このネタにはそれが感じられなかったです。


ラブレターズ 「病気の子供と野球選手」

四分間にすき間が多いような。
現実的なコントは重厚感と充実感が必要で、そこの期待に応えることができなかった感じかと。
ワードの力はよく出ていたと思います。


犬の心 「手品」

すごく不思議な笑い。
なんで「リバーシブル」で自分がこんなに思い切り笑っているのか。
そこからはもう完全にニヤニヤで見てしまうもんだから、後半の超展開は無条件で楽しめました。
なんだろう、こんなの初めてだ。


チョコレートプラネット 「ポテチ」

あるあるをありえない設定で見せるのは珍しくない。
ただ、こんなにナチュラルで味付けなしのものはあまり見たことがないですね。
ツッコミ不在は勇気いりますけど、いい感じにはまってました。


アキナ 「ボール」

すごい!面白い!
今年のマイベストです。
最低限の言葉数と誇張なしの演技で客を二度三度と裏切って、これ以上ないというくらいきれいな展開。
展開の妙としては最上級の流れでした。
負けていたのはウケ量だけ。
なんでこんなにウケが悪かったのか。
こんなクオリティのコントそうそう見られないですよ。


チョコレートプラネット 「カラオケ」

ナチュラルな一本目からガラッと変えたのが良かった。
異常性がだんだんと増して上がっていきながらも小ボケを挟んでいくわりと一般的な形。
ここまでなかった様式を見せたのがプラスになったと思います。


バンビーノ 「ハグゲッター」

去年の二回戦で見たネタ。
そのときはトップ5に入るくらいのウケでした。
一本目の次に見せられたら「この後なにかあるんでしょ?」って思ってしまうのが一番の問題点か。
こっちのほうがよりバンビーノの本質がよく出てるのですが。
演出の差で舞台映えするかしないかがキッパリ分かれてしまったようにも見えました。


犬の心 「妹」

京都アニメーションって言っちゃったよ。
「さあ、こい!」って待ってたら、最後まで来なかった感じでした。
あのホームの空気なら、ある程度は思いきった勝負しても大丈夫だったはず。


ラバーガール 「美容院」

ぐああー痛恨。
終わったあとにどうこう言ってもしょうがないのは分かっています。
分かってはいるけど。。。
寿司屋も動物園も家庭教師も捨ててこのネタで来るとは。
芸人へのネタバレ感も強かったはず。
そうかあ、まあ仕方ないか。


シソンヌ 「タクシー」

理屈抜きのバカコント。
他と一線を画したという強みがありました。
現場ウケでの優勝はすっきりできていいですね。



今年はとにかく収穫が多かった。
感じたことのない気持ちや経験したことのない自分の笑い方がたくさん引き出されてすごい満足感を得られました。

また一年も待てる気がしない。

01 : 42 : 24 | お笑い | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |

プロフィール

マルヒト

Author:マルヒト
お笑い好きってか芸人好き
モットーは脱力
頑張って力抜きます
ツイッター@maruhitoOI

最新記事

カテゴリ

お笑い (71)
芸人考察 (14)
小林賢太郎 (3)
オンバト+ (43)
未分類 (6)

タグ


検索フォーム

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。