スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

お笑いの技術とナチュラル感

お笑いの審査、特に漫才において「練習量が見える」という評価をたびたび聞きます。
これが褒め言葉だということに、どうにも納得がいかない自分がいるのです。


本来、漫才というのは演芸として考えれば一般的に十分強の尺を使って行うものであり、自在に緩急をつけて客席の温度を操作しながら安定した笑いを生み出すのが漫才師の技能・仕事でした。
昔は漫才作家が台本を書いていたことからもそれは明らかです。

今では、漫才師がネタを書き、短い制限時間の中にいかに早くピークを作って保ち続けるかという争いが長いこと続いています。
もちろん、これだけ数多くいる芸人の中から面白い人たちをピックアップするには賞レースが必要不可欠であり、競技として成立させるには時間制限が必須であることは確かです。
しかし、練習でガチガチに固められて常に客席の緊張を必要とする漫才に対して「練習量が見えるから素晴らしい」という評価がされるのは、正しくないと思います。
「十回練習した人たち」と「百回練習した人たち」が同じくらい面白ければ、「十回練習した人たち」のほうが優れているはずです。

もう少し細かく言えば、実際の練習量に関わらず「練習量が見える」よりも「練習量が見えない」ほうが絶対にいいです。
練習量が反映するものは、連動感や硬さなどのマイナス要素が多いですから。
技術が評価されるのは大道芸や手品であって、同じエンターテイメントの中にいてもお笑いにおいては喋りのナチュラル感のほうが大事です。

このナチュラル感というものは、人によってギャップの大きい感性なのかもしれないと最近は思います。
技術的で最適化された漫才を見ると、僕はいつも人工的なにおいを感じて構えてしまいます。
簡単に言うと、笑い声が出なくなるのです。
その典型例がNON STYLEなのですが、彼らはどこでやってもドカンドカン笑いをとっていて漫才師のなかでもトップと言っていいくらいの地位を築いているのを見ると、疎外感を感じます。
お笑いを楽しむ能力において、自分が抱えている最も大きな欠陥だと思います。


今の時代、競技としてのお笑いと演芸としてのお笑いを分けて両方を楽しめる人間が一番の勝ち組なのかもしれません。

スポンサーサイト
16 : 24 : 15 | お笑い | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

コントにおけるワードの生かし方

お笑いにおいてワードセンスという武器は、最もシンプルかつ笑いのセンスがそのまま反映される高尚なものです。
主にツッコミのスパイスとして、現代でも大きな役割を担っているものです。
バイきんぐがそれをメインにキングオブコントを制したのは記憶に新しいところだと思います。
しかし、このワードセンス・言葉選びという要素はコントにおいて他の形態でも活躍できるのではないかと感じます。


漫才において天丼という技術はごくありふれたもので、今でも割と通用する万能なものです。
その中でもワード・フレーズの繰り返しというものはネタにリズムを生み、上手くいけば積み上げ方式によって後半にかけてどんどん上がっていく理想的なウケを作ることができます。
優秀な天丼が決まったときは、客が完全にそのワードの待ちに入ってそれが発せられるたびにワッと湧くような爽快な流れが生まれます。

これをコントに持ち込めたならば新しい型ができるのではないかと思うのです。
今までで近かったのはジャルジャルのおばはんネタです。
ほとんど「おばはん」というワードのみで構成された力技オンリーのコントです。
しかし、これはネタ中のツッコミにあるように異常な状況を作るために用いられたものであり、ワードそのものの面白さを掘り下げるものではありません。
コントにおいてあるフレーズを繰り返すならば、それ自身が主役になる必要があります。
メインコンテンツがあちこちに飛んでそのフレーズに帰ってくるというやり方はやはり漫才特有の手法なので。
となると、その言葉はもっと抽象的で掘り下げがいのあるものがいいと思います。
フレーズの最初の登場から客の興味を引くという意味でも。

で、メインの言葉としてふさわしいものは何かと考えると、一番いいのは固有名詞だと思います。
最も使いやすいのは芸能人の名前です。
近年、特に賞レースにおいて固有名詞はあまり使われなくなりました。
補助ワードとか単発の例えとしてさえ見かけることは少ないです。
プロからすれば反則というか、コントという演芸から逸脱しているように感じるのは分かります。
しかし、客を引きつける方法としてはとても手軽で優秀です。
名詞一発で大きな出来事・事件を起こすこともできますし、そのあとの展開も様々なパターンが考えられます。
この時期にASKAを出すとかそういう時事ネタはもちろんダメでしょうけど、フラットなイメージの固まった芸能人なら使ってもいいのではないでしょうか。

もちろん一般名詞にしても幅が広がって面白いですし、より世界観を作りこむならオリジナルの造語もいいと思います。
言葉遊びだと漫才に近くなってしまうので、もっと不思議で出どころ不明なワードをキャラクターと合わせて使えばコントとして仕上げることもできます。
いずれにしても、作る人のセンスがしっかり反映されてカラーを出しやすいと思います。


お笑いの根幹はやはり表現・プレゼンテーションなので、言葉の使い方にこだわることは大事な要素のひとつだと考えられます。

22 : 27 : 22 | お笑い | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

THE MANZAI 2014 認定漫才師 決定

モグライダーに馬鹿よ貴方は!

おめでとうございます!


きてくれると信じてました!

今回はあからさまに新顔優先ですね。
あと、かなり勝負かけてるなという印象の人選。
浜口浜村を認定するという、なんというか、思い切りのいい審査です。
もちろん、面白いのは誰もが認めるところでしょうが。
……あの狂気を世に出すおつもりか。

ニューヨークもうれしい。
風刺のきいた中身のあるネタとねばねばのツッコミが好きです。
決勝にきたらいつもより大きなタブーに触れてほしい。
あそこは、そういうのが通用する舞台だと思います。


本戦サーキットははっきりとイロモノ対正当派になる感じかなと思いますね。
特に東京では中堅・ベテランが守りに入るようでは若手に飲み込まれてしまいます。
正当派なら正当派なりの斬新な仕掛けと爆発の仕組みがひとつふたつ必要になるはず。
そういうシステムのスペシャリストである囲碁将棋が毎年ここまでくるのは妥当な結果です。

ここまでくると決勝のことも考えてしまうわけですが、なかなか想像しにくい。
決勝進出有力だと言えるのが学天即だけというのが例年と異なるところです。
三四郎ももちろん可能性は高いと思うのですが、東京勢に確定出すのはかなり無理があります。
メンツ的にも荒れに荒れると考えられるので。
浜口浜村とか阿佐ヶ谷姉妹の後に入れられた正当派はどうなるのかとかもありますし。
そういう場が荒れたときにこそもっていくのが三拍子とかLLRだと思います。


ここからの特番とかが異様に楽しいのがこの大会の特徴ですね。
もろもろ含めて楽しみです。

15 : 24 : 12 | お笑い | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |

プロフィール

マルヒト

Author:マルヒト
お笑い好きってか芸人好き
モットーは脱力
頑張って力抜きます
ツイッター@maruhitoOI

最新記事

カテゴリ

お笑い (71)
芸人考察 (14)
小林賢太郎 (3)
オンバト+ (43)
未分類 (6)

タグ


検索フォーム

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。