スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

コントにおける自由度の生かし方

人の笑いを生み出すのは、いつの時代も「異常」です。
そして、その異常性の幅を最も広くとれるのがコントという演芸です。


例えば、漫才においては演者が本人として舞台の上に立ってその時間、その場所にいることを前提としなければなりません。
だから、「演じてみよう」という話の流れからシチュエーションに入るのです。
もちろん、それだけではまだまだ制約は残っています。
コントでは、それらがほぼ取り払われて自由度が格段に上がります。
しかし、実はその自由を生かすことはお笑いのセオリーを崩すことに直結してしまうのです。

一人の人間の異常性をネタにするのは漫才でもできます。
というより、それこそが漫才の基本中の基本です。
コントの自由度を最も生かすことができるのは、世界観や環境自体をねじ曲げるファンタジーコントです。
このコントの最大の弱点は、笑うタイミングを客に与えることが難しいということ。
一人の異常性を示す場合、その人間がおかしな発言もしくはおかしな行動をしてまともな人間がそれを指摘した瞬間が笑いどころです。
一方、ファンタジーコントでは全てのものが常におかしいのが基本なので笑うポイントが提示できないのです。

ジグザグジギーやさらば青春の光などの現代コント師は、ファンタジーコントをあくまで部分的に取り入れることで、ツッコミと笑うタイミングの演出を可能にしています。
特にジグザグジギーは一つの異常性の中でおかしさの方向を微妙にずらしていくことで、土台を保持しつつそこに新たな笑いを積み上げていくという素晴らしい技術を完成させました。
しかし、いずれも純粋なファンタジーコントではありません。

表舞台で高評価を受けた完全ファンタジーコントは2700のキリンスマッシュだけだと思います。
ツッコミがいないどころかまとな人間すら出てこないあのコントにおいて、その役割を担っていたのはリズムでした。
キリンとゾウが出てきて賭博が始まった時点であの場にはおかしさしか存在しません。
しかし、それに対して笑うタイミングを与えないままコントは進行していき、「キリンスマッシュと見せかけてキリンレシーブ」というくだりがそのリピートによってボケとして成立したとき、始めて客は笑うべき瞬間を与えられます。
本来ツッコミの仕事である「笑うタイミングの提示」がボケによって成り立つというとても珍しい構成でした。
だからこそ、このコントは異色かつ良質な作品となれたのだと考えられます。

このくらい特殊なことをしなければコントが持つ自由度を生かすことはできないのです。


コントという演芸は、やはりほとんどの芸人にとって大きすぎるのだと思います。
そこを主戦場にするからには、やはり特別なセンスが必要です。

スポンサーサイト
23 : 27 : 05 | お笑い | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

THE MANZAI 2014 認定漫才師 予想

一回戦が全て終了し現在二回戦が開催中。
いまのところ、波乱は飛石連休の一回戦落ちくらいでしょうか。
普通にやれば落ちないと思うんですけど……。
まあ、ひとつしか事件がないのだから過去三年よりは大人しいものです。

シード組を含む全出場者が出そろいましたので認定漫才師の予想をしたいと思います。
いつも的中率が六割弱を行ったり来たりなので今年は七割いきたいです。


学天即、囲碁将棋、磁石、タイムマシーン三号、ロザン、トレンディエンジェル、流れ星、マヂカルラブリー、相席スタート、三四郎、ニューヨーク、博多華丸・大吉、風藤松原、馬鹿よ貴方は、コマンダンテ、モンスターエンジン、チキチキジョニー、藤崎マーケット、銀シャリ、スピードワゴン、三拍子、エルシャラカーニ、かまいたち、アキナ、シャンプーハット、プラスマイナス、オジンオズボーン、マシンガンズ、東京ダイナマイト、ヒカリゴケ、トータルテンボス、マキシマムパーパーサム、バッドボーイズ、タモンズ、ジャルジャル、天竺鼠、ハライチ、鬼越トマホーク、テンダラー、ラフ・コントロール、モグライダー、デニス、2丁拳銃、トンファー、ロシアンモンキー、チーモンチョーチュウ、ダイタク、ジャングルポケット、POISON GIRL BAND、スパローズ


戦前予想なので、材料は主に審査側のこれまでのクセや特徴です。
15組くらいをさくさくと選んで25組目くらいまでを悩みながら選んで、そこからは順位を付けて50のラインでカットしました。

この大会で予想を当てに行くには素直さが大事だと思います。
安定感と漫才としての正当性があるコンビならば、特に変化が見られなくても何回でも受かり続けるようになっている感じです。
まあ、それは最上位ラインのみの話ですが。
かといって何組かは食い込んでくるであろうイロモノ勢から選んでも正直当たる気がしませんし。
すでにある程度の評価を得ている人たちが中心になりますね。

それでも、この段階で一番期待するのは完全無名組の勝ち上がりです。

16 : 47 : 48 | お笑い | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

キングオブコントの旧ルールについて

今年のキングオブコントもすでに一回戦全日程が終了。
決勝戦の時期が近づいてきています。
決勝ではこれまでのルールが一新されるということで、わくわくしつつも若干の寂しさも感じています。
そこで、これまで行われてきた審査について今一度考えてみようと思うのです。
第二回から第六回までコント師の人生を振り回してきた審査の実態とは何だったのか。


僕は、「ジャンル別審査」という隠れた側面があったのだと考えています。

コントという演芸の最大の特徴は自由度の高さであるという事実は万人の認めるところでしょう。
それらに一律のものさしを使って点数を付けるのはそもそも不可能です。

その点を解決してきた方法の一つがジャンル分け。
コントという枠の中にさらに括りを設けて別個のものと考えることでネタを評価するわけです。
当然、ジャンルが違うコントを単純に比べて点数をつけることなどできません。
では、どうするか。
自分の頭の中でそのジャンルでのランク付けを行うのです。
いままで触れてきたそのジャンルのコントの中で、どこに位置するのか。
10点を与えるということはある種類のコントの頂点だという評価を与えることになります。
歴代チャンピオンでいえば、東京03はリアルコントの頂点、ロバートはキャラクターコントの頂点です。
これが、今まで行われてきた審査の中身だと思われます。

つまり、競争率の高いジャンルに挑むと、それだけ高得点をとることは難しくなります。
トップリードがこの大会で苦しんできた原因はそこだと思います。
あの芸風はコントにおいては比較的メジャー路線で、みんなの頭の中にそれぞれ絶対的な頂点がいるのだと考えられます。(僕の中ではラーメンズです)
逆に競争率の低いサスペンスコントというジャンルで成功したのがかもめんたるです。

そして、この流れの中で最も確実に高得点を得る方法が自分たちのオリジナルジャンルを作ることなのです。
鬼ヶ島や天竺鼠はその典型例と言えます。
もちろん、これは手本がいないためにゼロから笑いの取り方を模索しなければならない大変な道ではありますが、競争相手がいないというだけでこの大会ではかなりのプラスが見込めます。
しかし、新しすぎるがゆえに客には笑いどころが伝わりづらい。
そこが審査員と視聴者のギャップを生み出していることもまた事実です。


今回、ルール改正によってこれらは全て白紙に戻るはずです。
それだけに、新ルールがコントにもたらすものはとても大きいと考えられます。

00 : 19 : 04 | お笑い | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |

プロフィール

マルヒト

Author:マルヒト
お笑い好きってか芸人好き
モットーは脱力
頑張って力抜きます
ツイッター@maruhitoOI

最新記事

カテゴリ

お笑い (71)
芸人考察 (14)
小林賢太郎 (3)
オンバト+ (43)
未分類 (6)

タグ


検索フォーム

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。