スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

オンバト+第4回チャンピオン大会

ジグザグジギーおめでとう!

とうとう一番に!



THE GEESE 「喫茶メロディ」

観客がギースに期待してるものってホントに水準が高いんです。
かわいそうと言えばかわいそうですけど、やっぱりこの二人のパワーダウンも否めない。。。
変にどっしりしてしまったというか。
歩行者教習所とか卒業式とか大好きだったなあ。


ニッチェ 「いとこ」

こういう堅い舞台でこのネタはこうなりますよね。
ニッチェの芸風って通常回で生きるものなので、なかなか厳しい。
技術系のコントしか通用しないのも、あまりよろしい傾向ではないのですが。


スーパーマラドーナ 「学生時代」

この二人にしてはベタですね。
非凡なボケがどんどん出てくるのが売りだと認識していたので少し意外。
ツッコミの正しさというか説得力は健在で良かったと思います。


S×L 「美容師」

いつも通りだけど質が一段高かったように見える。
型が完成してるほうが安心して見られるから、オンバトでは受けやすいのかな。
チャンピオン大会だと埋もれるタイプだと思ってたけど、そうでもなかった。


うしろシティ 「監禁」

ホントに全くクオリティが落ちないのが凄い。
天才型なんでしょうね。
既存のコントの隙間を縫うような繊細さが好きです。
もう一本見たかった。


風藤松原 「友達作り」

オンバトでは珍しく人間性がよくにじみ出てて面白い。
黒くて濁った負の部分がちゃんとネタになってる。
フラットな喋りの生かし方がいつも優秀だし、ボケの種類の多さも武器になってます。


学天即 「歌」

まとまりがなかったかな。。。
いつものツッコミパートで押していくスタイルじゃなかったのも痛かった。
ここも客の期待が大きいのでしょうね。


BLUE RIVER 「特殊能力」

ここは分かりやすく勝負をかけてきた。
五位以内ではなく一位だけを狙う姿勢が見られて良かった。
客はついてこなかった様だけど。


ジグザグジギー 「席替え」

「凄い」という感想が球につながるというラーメンズ的手法がもろに効いてた。
これの弱点は初見専用ということですけどボールを流す審査なら二度目の人も大丈夫です。
得意技の珍名ネタもバシッと決まってました。
つくづくオンバト特化のネタだと思います。


ボーイフレンド 「ミュージシャン」

あー、やってしまった。
笑うポイントを与えない空気系漫才はオンバトでは不利です。
客が一人もついてこないという状況を久々に見てしまったような


ザンゼンジ 「ファン」

この説明しない感じがいいですよね。
ファンタジー寄りなのに現実的な怖さが出てるところも。
コメディじゃなくてコントの雰囲気が強いのが好き。


S×L 「カップル」

ツッコミのキャラを足しても空回らなくていい感じ。
ネタが暴走しないのは武器ですね。
客ウケの安定を第一にするのは忘れてはならない。


風藤松原 「小説」

書き殴ったまま推敲してない生のネタみたいな。
これもセンスがそのまま出てていい。
公の場でやるには少し偏りがあるか。


ジグザグジギー 「卒業」

フレーズがハマったのが勝因でしょう。
番組いじりで優勝するなら漫才師だろうと思ってました。
あれを入れなかったら結果は変わっていたのかも。



ジグザグジギーが一番をとったのが感慨深いです。
面白い面白いと言われながら、ここまで長かったですからね。

オンバトも今回で終了。
寂しくなります。
同時にこのカテゴリの記事もこれが最後となりました。
今までありがとうございました。
このブログはこれからもねばっこく続けます。
よろしくお願いいたします。

スポンサーサイト
03 : 26 : 42 | オンバト+ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

オンバト+ 14/03/09

これが最後のレギュラー回。
実際、この瞬間が来ると寂しい気持ちしか湧いてこないです。
本当に終わらなきゃダメなのか。



ジグザグジギー 「電話」

発想一発に加えて、「なめとこ」というワードのセンスで攻める型ですね。
展開を全く阻まない流れの中でのツッコミはやはり随一。
もうちょっと怒涛の展開でもいいと思う、ホラーな感じで。
モグライダー芝さんの名前が地上波で聞けたことに変な喜びを感じてしまった。


ウエストランド 「努力はダサい」

これは漫才だけど、ネタと言えるかどうかは怪しい(笑)
本筋が完全な蛇足になってるのがすごい面白い。
なんというか、これからも頑張ってください。


ザンゼンジ 「インタビュー」

いいネタだ。
ドタバタ部分は最後に固めて右肩上がりにして欲しいけど。
こういうの思いつくのって見た目よりずっと難しいんですよ。
典型的な「コントでお金もらってる人が作ったコント」です。
一般人にはできない。


グランジ 「ZONEにぴったりなショートストーリー」

グランジらしくはない。
93キロバトルという細かさは良かったと思います。
厳密に言うと、ボール0個の人は計量機に乗せる前に結果が分かってるはずですが。


うしろシティ 「取り調べ」

これは非常にうしろシティらしいうしろシティ。
中盤のひっくり返し方も予想外で面白い。
演技もすごい自然。



最後に素晴らしいオンエアバトルを見させていただきました。
楽しかったです。

終わって欲しくないな。

02 : 04 : 20 | オンバト+ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

オンバト+ 14/03/02

オンバト最終期も終盤の終盤。



学天即 「ついてない日」

正当派の学天即の中でも一番ベーシックなネタ。
最近のネタと比べると、二人の成長がよく分かります。
これがトップというだけでこの日の客がいかに保守的かが伝わりますね。


じゅんいちダビッドソン 「お客様相談室」

ネタ自体のベタな感じがよく効いてます。
このモノマネは声が張れない、テンポと手数が出せないと大きな弱点も抱えてはいるんです。
それでも焦りを出さないことが必須であり勝因でしょうね。


チキチキジョニー 「節分」

ツッコミが弱と強の二種類しかないのが痛い。
単発ボケなわりにボケのジャンルが一貫していないのも。
芸能ネタやって欲しいんですけどね。


ラバーガール 「恋人の母」

一個一個のボケの質がホントに高い。
絶対に誰ともかぶらないセンスが凄いです。
ボケのために作ったキャラという感じが時代に逆行していて新鮮でもあります。
この路線もありかもしれない。


スマイル 「時代劇」

関西の若手ってなぜこんなに時代劇をやりたがるのでしょう。
よしたかさんってもっと無茶苦茶やっていいと思います。
今のままだと、中身は普通の人という感じがすごい出てしまっているので。



審査はかなり正しかったのだろうと思います。
少し守りに入ってる印象は強かったけど。

02 : 01 : 37 | オンバト+ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

オンバト+ 14/01/12

これだけのメンバーが集まれば、そりゃ面白いわな。



チキチキジョニー 「ぶりっ子」

少し見ない間にすごい自然な漫才になりましたね。
たまにでいいから芸能人いじって欲しい気持ちがわきます。
一昔前ならこれは完成形の域なのですが。


THE GEESE 「面接」

アドリブを意識的に入れるようにしてますね。
そういう小さい変化を付けるだけでも好感が持てる。
すごく上手くて面白いんだけど、笑わせ方の種類に乏しいというか。
歩行者教習所のネタを知ってる人としては、物足りなさが残るんですよ。
贅沢な話です。


エレファントジョン 「大人の男になりたい」

はっきり言って、この人たちが出てきても漫才見る気持ちになれない。
何か変わっててくれと祈りながら見てしまう。
受かってる以上はしょうがないのか。


グランジ 「爆弾処理」

いいなあ、やっぱりこの人たちコント師だ。
おふざけターンをコンパクトにしてるのは勝ちに来てる証拠でしょうね。
テンポの良さをいい感じに含んでるのもいい。
キロバトルが低いのは気にしなくていいと思います。
不謹慎なのは否定できないので。


学天即 「年をとった」

いつもの学天即。
ホントにハードル上がってるわ。
まあでも変に変わろうとしない方がいいでしょうね。



大会前はやはり平均点が高い。
いつもこれくらいの満足感が欲しいです。
15 : 03 : 45 | オンバト+ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

オンバト+ 14/01/05

最近の審査がすごく自分好み。



ボーイフレンド 「女性の落とし方」

ハキハキ突っ込みすぎだと思う。
少しでいいから戸惑いを混ぜたらかなり変わるはず。
構成はオンバト向きでいつもよくできてはいる。


ニッチェ 「誕生日」

とにかく喋りがナチュラル。
練習してできるとは思えない上手さがあります。
なぜベタなのにここまで楽しく見られるのでしょう。


ワルステルダム 「強盗」

いい台本だ。
クセが全くないのにズシッとくるものがあります。
どういう人たちなのかもっと知りたくなる。


アルコ&ピース 「万引きGメン」

バッカじゃねーのwwwww
酒井さんの演技がやけにうまい。
もう少し万引きと絡めて危険なワード入れたら強いネタにできそうですね。
「今流行りのボーイズラブ」?
今流行りなの?


ジンカーズ 「ねずみ小僧」

ネタと容姿がしっかりハマったコンビに見える。
無機質系の人たちが最近では不足気味なのでありがたい存在ですね。
先生のケガに期待しすぎて、オチでちょっとがっくり。
変なネタ見過ぎるとこういうことがあります。



優秀な回でした。
ここからの時期はクオリティが一段上がるので楽しみです。

19 : 31 : 21 | オンバト+ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ

プロフィール

マルヒト

Author:マルヒト
お笑い好きってか芸人好き
モットーは脱力
頑張って力抜きます
ツイッター@maruhitoOI

最新記事

カテゴリ

お笑い (71)
芸人考察 (14)
小林賢太郎 (3)
オンバト+ (43)
未分類 (6)

タグ


検索フォーム

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。